古典や映像作品を通して「歴史」を探究
記事

S

ヨハネス・ブラームスの性格分析

カール・グスタフ・ユング(1875年 – 1961年)の「タイプ論」を用いて、音楽家のヨハネス・ブラームス(1833年 – 1897年)の性格を分析する。 心理態度(外向ー内向) ドイツのハンブル …

シベリウスの交響曲第4番イ短調作品63

ベルグルンドによる2度目の全集 20世紀の交響曲を代表する名曲といえば、マーラーの第9番やショスタコーヴィチの第10番ということになるのかもしれない。ただ、このシベリウスの第4番も負けてはいない。シベリウスの番号付きの交 …

ロベルト・シューマンの性格分析

カール・グスタフ・ユング(1875年 – 1961年)の「タイプ論」を用いて、音楽家のロベルト・シューマン(1810年 – 1856年)の性格を分析する。 心的態度(外向ー内向) ドイツのツヴィッ …

バルトークの弦楽四重奏曲第4番Sz.91

ケラー四重奏団による全集 20世紀の弦楽四重奏曲を代表する名曲。ショスタコーヴィチの15の弦楽四重奏曲がその数からいってもベートーヴェン以来最大の弦楽四重奏曲群とされるが、1曲1曲の密度でいえばバルトークの6つの弦楽四重 …

メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲第6番ヘ短調作品80

ゲヴァントハウス四重奏団による全集 前期ロマン派の弦楽四重奏曲を代表する名曲。メンデルスゾーンの弦楽四重奏曲は第6番まであり、特に第3番以降の4曲はベートーヴェンの衣鉢を継ぐ傑作ぞろいといえる。しかし、ブラームスの弦楽四 …

メンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲ホ短調作品64

シェリング盤 前期ロマン派のヴァイオリン協奏曲を代表する名曲。ベートーヴェンのニ長調とブラームスのニ長調とともに「三大ヴァイオリン協奏曲」とされる。日本ではCMなどでもよく使用されており、日本人にとってもっとも馴染みのあ …

和歌山城―紀州徳川家の居城

和歌山城天守 南海本線の和歌山市駅より南へ10分ほど歩くと三層の天守が見えてくる。JRの和歌山駅からでも徒歩30分ほどで着くが、どちらの道も途中で買い物など寄り道できる場所は少ない。ということもあって、車で行く場合は無料 …

豊臣秀吉の性格分析

カール・グスタフ・ユング(1875年 – 1961年)の「タイプ論」を用いて、戦国武将の豊臣秀吉(1537年 – 1598年)の性格を分析する。 心理態度(外向ー内向) 尾張国愛知郡中村郷(現在の …

徳川家康の性格分析

カール・グスタフ・ユング(1875年 – 1961年)の「タイプ論」を用いて、徳川家康(1543年 – 1616年)の性格を分析する。 心理態度(外向ー内向) 三河国額田郡岡崎(現在の愛知県岡崎市 …

石田三成の性格分析

カール・グスタフ・ユング(1875年 – 1961年)の「タイプ論」を用いて、戦国武将の石田三成(1560年 – 1600年)の性格を分析する。 心理態度(外向ー内向) 近江国坂田郡石田村(現在の …

1 2 3 »
PAGETOP
Copyright © 歴史らぼ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.